MOS攻略法Excel はじめの一歩 「ワークシートのスクロール」と「セルの便利な移動」

スポンサーリンク

定番のオフィスソフト Microsoft Excel(エクセル)ユーザーに役立つワンポイント!今回は、ワークシートのスクロールとセルの移動についてご紹介します。

ワークシートのスクロール

縦1,048,576行、横16,384列もの、巨大なワークシート(表)を使うExcel(エクセル)です。表示されている部分は、その一部分に過ぎません。自分が見たい部分にサッと動かせるようになりたいものです。この、動かす操作を「スクロール」と言います。スクロールは、縦方向に動かす垂直スクロールと、横方向に動かす水平スクロールがあります。

スクロールボタンを利用した垂直方向のスクロール

画面右側にある垂直スクロールバーの上向き△、または下向き▽をクリックすると、1行分ずつ上下移動します。入力した文字が画面から消えてしまいますが、これは隠れただけで削除されたわけではありません。

  

スクロールボタンを利用した水平方向のスクロール

画面下部にある水平スクロールバーの右向きボタン、または左向きボタンをクリックすると、1列分ずつ左右移動します。

  

スクロールバーのボックスを利用した垂直・水平スクロール

スクロールバーのボックスをドラッグすると、スクロールボタンをクリックするよりも大きな距離を移動できます。ただし、データが入力されていない部分までスクロールすることは出来ません。

マウスを使った垂直スクロール

マウスのスクロールホイールを前後に動かすことで、垂直方向にスクロールすることができます。

ショートカットキーを使った画面の垂直スクロール

  • 上方向にスクロール
    キーボードの「PageUpキー」(ページアップキー)を押せば、一画面ずつ上方向にスクロールします。
  • 下方向にスクロール
    キーボードの「PageDownキー」(ページダウンキー)を押せば、一画面ずつ上方向にスクロールします。

ショートカットキーを使った画面の水平スクロール

  • 右方向にスクロール
    キーボードの「Altキー」(オルトキー)を押しながら「PageDownキー」(ページダウンキー)を押せば、一画面ずつ上方向にスクロールします。
  • 左方向にスクロール
    キーボードの「Altキー」(オルトキー)を押しながら「PageUpキー」(ページアップキー)を押せば、一画面ずつ上方向にスクロールします。

画面をズームする

ワークシートをズームして表示するには、画面右下のズームスライダーを使用します。この拡大・縮小の効果は画面の表示上だけのものです。実際に印刷したときの大きさとは関係ありません。

ズームスライダーによる拡大・縮小

画面右下にあるズームスライダーの[+]をクリックすると10%ずつ拡大され、[―]をクリックすると10%ずつ縮小していきます。中央部のスライダーそのものをドラッグすることで、自由な倍率で拡大・縮小できます。

その他の拡大・縮小操作

  • [表示]タブの[ズーム]グループの「ズーム」ボタン、「100%」ボタン、「選択範囲に合わせて拡大/縮小」ボタンなどが利用できます。

  • Ctrlキー(コントロールキー)を押しながら、マウスホイールを前後に回転させることで拡大・縮小ができます。

便利なセルの移動

アクティブセルを上下左右に移動

移動させたいセルをマウスでクリックするか、キーボードの方向キーを使ってアクティブセル(文字や数字が入力されるキー)を移動させます。方向キーを押すごとに押したキーの向きに1つずつアクティブセルが移動します。

アクティブセルを右に移動

キーボードの「Tabキー」(タブキー)を押すと、アクティブセルは一つ右に移動します。

アクティブセルを左に移動

キーボードの「Shiftキー」(シフトキー)を押しながら「Tabキー」(タブキー)を押すと、アクティブセルは一つ左に移動します。

アクティブセルを下に移動

キーボードの「Enterキー」(エンターキー)を押すと、アクティブセルは下に移動します。

アクティブセルを上に移動

キーボードの「Shiftキー」(シフトキー)を押しながら「Enterキー」(エンターキー)を押すと、アクティブセルは上に移動します。

アクティブセルを行の左端(A列)にジャンプ

アクティブセルを、その同じ行の左端(A列)に一気にジャンプさせるには、キーボードの「Homeキー」(ホームキー)を押します。

アクティブセルを「A1」にジャンプ

アクティブセルを、A1に一気にジャンプさせるには、キーボードの「Ctrlキー」(コントロールキー)を押しながら「Homeキー」(ホームキー)を押します。

データ範囲の最後のセルにジャンプ

データ入力中、そのエリアの最後のセルにジャンプするには、キーボードの「Ctrlキー」(コントロールキー)を押しながら「Endキー」(エンドキー)を押します。

データ範囲の先頭行、末尾行、先頭列、末尾列にジャンプ

アクティブセルを、現在のデータ範囲の先頭行、末尾行、先頭列、末尾列にジャンプさせるには、キーボードの「Ctrlキー」(コントロールキー)を押しながら、「↑」「↓」「←」「→」などの方向キーを押します。


はやぶさオンラインパソコン教室 MOS試験対策はじめの一歩

[itemlink post_id="5557"]

MOS試験対策 Word

MOS試験対策 Excel

[itemlink post_id="5557"]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「がばいはやぶさ」をフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 挙式、披露宴のスタイルを決める 人気はキリスト教式で披露宴の会場も多様化 結婚式は、結婚を誓い合…
  2. 「King & Prince」キングアンドプリンスから目が離せない ジャニーズアイドル新ユ…
  3. 佐賀市に住むバルーンフェスタボランティア歴20年の常連スタッフが教える、佐賀インターナショナルバルー…
  4. 昭和34年(1959年)ってどんな年? 昭和34年、あなたが何歳だったか調べてみましょう 昭和3…
  5. 昭和27年(1952年)ってどんな年? 昭和27年、あなたが何歳だったか調べてみましょう 昭和2…
ページ上部へ戻る