MOS攻略法Excel はじめの一歩 魔法のオートフィル機能

スポンサーリンク

定番のオフィスソフト Microsoft Excel(エクセル)ユーザーに役立つワンポイント!今回は、「オートフィル」の話です。

オートフィルとは?

”日・月・火・水・木・金・土”や”1月・2月・3月…”などの連続性のあるデータを、ひとつひとつ入力しなくても、始めの一つを基に続きを自動入力する機能です。

アクティブセルとは?

「フィルハンドル」の前に、「アクティブセル」をご説明します。「アクティブセル」というのは、タイピングされた文字列や数字が入力されるセルのことです。

アクティブセルの移動

マウスでクリックするか、キーボードの方向キー「↑」「↓」「→」「←」で指定や移動ができます。

このほか、「Enter」キー(エンターキー)で下へ、「Shift」キー(シフトキー)+「Enter」キーで上へ、「Tab」キー(タブキー)で右へ、「Shift」キー+「Tab」キーで左へ、移動させる方法も便利です。Excelのワンポイント 「ワークシートのスクロール」と「セルの便利な移動」

操作 アクティブセルが移動する方向
「Enter」キー(エンターキー) 下 ↓
「Shift」キー(シフトキー) + 「Enter」キー(エンターキー) 上 ↑
「Tab」キー(タブキー) 右 →
「Shift」キーシフトキー) + 「Tab」キー(タブキー) 左 ←

フィルハンドルとは?

アクティブセルの右下にある■の部分のことです。マウスカーソルをこの部分に重ね合わせると、通常白い十字の形が、細い十字の形に変わります。

マウスカーソルの形の違いと機能

マウスカーソルの形状 説明

『通常の状態』

このままタイピングすると「アクティブセル」にデータが入力されます。

『オートフィル』

マウスポインタをアクティブセルの右下にある■の部分(フィルハンドル)に重ね合わせると、細い「+」マークに変わります。

『セルの移動』

アクティブセルまたは範囲選択した部分の外枠線上(フィルハンドルを除く)にマウスポインタを重ね合わせると、この形になります。この状態からドラッグすると、セル(または範囲選択されたセル)が移動できます。

『セルのコピー』

キーボードの「Ctrl」キー(コントロールキー)を押しながら、上記の『セルの移動』の操作を行うと、セル(または範囲選択されたセル)がコピーされます。

『オートフィルのコピー』

キーボードの「Ctrl」キー(コントロールキー)を押しながら、上記の『オートフィル』の操作を行うと、セルの値がそのままコピーされます。同じデータを複数のセルにコピーしたい場合に使います。

オートフィル機能で連続データを入力する

ここでは「4月」というデータを利用し、連続して「5月」「6月」「7月」というデータを入力する場合でご説明します。

  1. 「4月」のセルをクリックしてアクティブセルにします。
  2. 十字マークのマウスポインタを「4月」のセルのフィルハンドに重ね合わせると、細い十字マークに形が変わります。上の表の「オートフィルのコピー」の図を参考にしてください。
  3. そこでマウスに左ボタンを押さえ、連続入力したい方向へドラッグします。
  4. ドラッグする途中、「4月」が何に変化していくかも表示されますので、どこまでドラッグすればよいのか分かるようになっています。
  5. 入力する終点まで来たところで、マウスのボタンを離すと、途中のセルに連続データが入力されます。


オートフィルオプションについて

連続データの作成直後に、オートフィルオプションが表示されます。これは、追加設定や補助設定を行うためのボタンです。

オプションの種類 効果
セルのコピー 同じデータのコピー(複製)が入力されます
連続データ 連続データが入力されます(可能なデータのみ)
書式のみコピー セルを装飾する”書式”の設定のみがコピーされます
書式なしコピー ”書式”はコピーされず、セルのデータのみがコピーされます
連続データ(日単位) 「4月1日、4月2日・・・」のように、日単位のデータが入力されます
連続データ(週日単位) 土日を飛ばして、月~金の日付が入力されます
連続データ(月単位) 「4月1日、5月1日・・・」のように月単位のデータが入力されます
連続データ(年単位) 「2018年4月1日、2019年4月1日・・・」のように、年単位のデータが入力されます

※日単位、週日単位、月単位、年単位は、日付の連続データを作成した際に表示されるオプションです。

オリジナルの連続データをオートフィル機能で入力したい

オートフィル機能は、月の名前や曜日など、一般に順番の予測がつくデータに限られ、それに該当しないもの、例えば人の名前や地名などは「単純コピー」となります。

そこで、『わが社独自の並び順』とか、『この地域では当たり前の並び順』とか、『今やっている仕事ではこの順番が便利』といったオリジナルの連続データを、オートフィルで利用したい場合は、Excelのオプションメニューのなかにある「ユーザー設定リスト」に、その順番をリスト登録しておけばOKです。

ユーザー設定リストの登録方法

  1. Excelの「ファイル」タブ―「オプション」をクリックし、Excelのオプションダイアログボックスを表示させます。

  2. 詳細設定の「全般」グループのなかにある「ユーザー設定リストの編集(O)…」ボタンをクリックします。
  3. リストを作成するには、直接リストを入力していく方法と、Excelのシートなどにあるデータを範囲選択しインポートする方法とがあります。大量のデータのリストを作成する場合は、インポートしてください。
  4. リストの登録が完了すると、オートフィル機能を使って、オリジナルの連続データをコピーすることができます。

はやぶさオンラインパソコン教室 MOS試験対策はじめの一歩

[itemlink post_id="5557"]

MOS試験対策 Word

MOS試験対策 Excel

[itemlink post_id="5557"]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「がばいはやぶさ」をフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 昭和2年(1927年)ってどんな年? 昭和2年、あなたが何歳だったか調べてみましょう 1926年…
  2. 平成3年(1991年)あなたは何歳? 平成3年(1991年)、あなたが何歳だったか調べてみましょう…
  3. 昭和19年(1944年)ってどんな年? 昭和19年、あなたが何歳だったか調べてみましょう 昭和1…
  4. 昭和63年(1988年)ってどんな年? 昭和63年、あなたが何歳だったか調べてみましょう 昭和6…
  5. 昭和45年(1970年)ってどんな年? 昭和45年、あなたが何歳だったか調べてみましょう 昭和4…
ページ上部へ戻る