就活にも 婚活にも 使える!これで今日から「マナーの達人!」

和の心 礼三息
スポンサーリンク

誰にでも簡単に出来る!小笠原流礼法

大人でも、子どもでも、初心者でも、簡単にマスターできる小笠原流の方法があります。

それは「礼三息」という方法です。『れいみいき』と読みます。この作法を知り、就活や婚活、ビジネスの訪問などで利用すれば、きっと効果がありますよ!

内容は、超簡単!たったこれだけです

礼三息とは、お辞儀をするときの呼吸法

お辞儀をするとき

    1. 吸う息で上体を傾け
    2. 吐く息の間そのまま留め
    3. さらに吸う息で上体を起こす

深い礼でも浅い礼でも呼吸は方法は同じです。『礼三息』はどんな相手に対しても折り目正しく、相手への敬意と誠意が表れます。

立礼の場合、両手が膝頭に達するのが深い礼、指先が少し下がる程度が浅い礼、その中間が普通の礼となります。
深い礼でも、浅い礼でも腰を曲げておじぎをしている時間は同じです。吸う息で腰を曲げ、吐く息だけ静止し、吸う息で再び腰を伸ばすようにすると、どんな相手に対しても折り目正しく、しかも自分自身の精神状態を安定させる効用もあります。

相手と呼吸を合わせるということは嗜みとして必要なことですし、良好なコミュニケーションが生まれます。

 

礼三息についての極意

小笠原敬承斎(おがさわらけいしょうさい)氏の心に響く言葉より…

小笠原流では、「残心(ざんしん)」を大切にしている。
「残心」とは文字のごとく、相手に対するこころを最後まで残す、ということ。

たとえば、お辞儀を行う際には、必ず残心を取り入れる。

お辞儀に「礼三息」を取り入れることが大事だが、お辞儀をしたあと、さらに上体が元の姿勢に戻ったあとに数秒、こころを残すこと、すなわち間をとることで、お辞儀に深みが生まれる。

つまり残心は、こころのゆとりそのものを表すのである。
すぐに次の行動に移りたい気持が勝ってしまうと、お辞儀の印象が軽くなるので注意しなければならない。

しめくくりにこころを込め、さらには緊張感を持続させることは、剣道で打ち込みの後の態度に重点をおくことにも通じる。

礼三息」とは、身体を倒してからもとの姿勢に戻るところまで、ゆっくりと動作をおこなうこと。
それには、正しい息遣いを取り入れることが有効である。

①息を吸いながら上体を倒す。
②動きが止まったところで息を吐く。
③再び息を吸いながら上体を起こす。

このように「吸う」、「吐く」、「吸う」、という息遣いを行うことを小笠原流では、「礼三息」と呼んでいる。

客を送るさいの見送る側も見送られる側も、最後まで相手に対するこころを残し、互いのこころを通わせることが大切である。
「残心」は「間」である。
残心を大切にする男性は、雄麗なこころを持っているに違いない。

(『誰も教えてくれない男の礼儀作法』光文社新書 より転載)

 

正しいお辞儀の雰囲気を見てみよう

ここで、小笠原流の『一流人の礼法DVD(サンプル映像)』を見てみましょう。短い広告DVDですが、これを見るだけでも、正しいお辞儀の雰囲気は分かります。

小笠原流礼法DVD-長編版

 

日本の「道」には、礼がいっぱい

神事での拝礼

神事での拝礼

神事での、宮司さんの拝礼です。神さまに対する尊崇の思いが、かがめた腰のこのお辞儀から伝わってきます。

柔道の礼

柔道の礼

柔道試合場での礼。これは、試合終了時の礼ではなく、試合の後、闘った相手に対する尊敬と感謝のお辞儀のようです。

合気道の礼

合気道の礼

合気道の演武の前後になされる礼です。武道の場合、どの瞬間でも相手に対する「備え」が必要とされています。頭を下げ切らずに、相手の気を読み続けることも必要なのでしょう。

なぎなた の礼

なぎなた の礼

薙刀術という古武術から、近代武道へ発展した「なぎなた」。剣道と同じ雰囲気です。

剣道の礼

剣道の礼

少年剣道の様子。柔道や空手などのような競技スポーツとしての発展とは一線を画し、武道であることに徹する剣道は、稽古の雰囲気も、試合の雰囲気も、日本の伝統をより濃く感じることができます。

弓道の礼

弓道の礼

凛とした雰囲気が伝わってくる弓道の礼。弓という武具を使った『禅』の趣があります。

茶道の礼

茶道の礼

『お茶をのむ』という所作が、時間をかけて『道』へと高められた茶道。伝統の美しさがあります。

日本の風習に息づく礼

日本の風習に息づく礼

自分の『いのち』を子や孫に受け継いでいくなかで、日本独特の伝統や風習が生まれてきました。子どもの頃から、こうした行事に触れていくうちに、『日本人』になっていくのでしょうね。理屈抜きに美しい光景です。

小笠原流の礼

小笠原流の礼

姿勢の正しさ、あふれ出る『品』、隙のない立居振舞など、完成された礼がここにあります。

もちろん、一朝一夕で身につくものではなく、ひたすら鍛錬が必要でしょう。形の真似だけに陥らないよう、注意したいものですね。

でも、「礼三息」だけでも守っていれば、自然と品格も高まってくるのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「がばいはやぶさ」をフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. Excelの教科書 セルの表示形式
    定番のオフィスソフト Microsoft Excel(エクセル)を正しく学びましょう。今回は、データ…
  2. 昭和58年 東京ディズニーランド開園
    昭和58年(1983年)ってどんな年? 昭和58年、あなたが何歳だったか調べてみましょう 昭和5…
  3. 冠婚葬祭ガイドブックアイキャッチ 贈り物のマナー編
    贈る側のマナー 贈り物は自分本位にならず相手の立場で選ぶ 贈り物は、お祝いや日ごろの感謝の気持ち…
  4. アジアチャイルドサポートと池間哲郎氏
    アジアチャイルドサポートのご紹介 東日本大震災のとき、何のボランティアも出来なかった私…
  5. 表示の設定アイキャッチ
    定番のオフィスソフト Microsoft Word(ワード)ユーザーに役立つワンポイントをご紹介! …
ページ上部へ戻る